つんくさん

こんにちは
えんど です

すっごく間隔が空いてしまいました

本業で毎日終電にも乗れず、途中駅からタクシー、、てな生活を送っておりました。

やっとこさ、落ち着いてきた感じ。

さてさて。

本日のお題。

もう記事になってるとこもありますけと、つんくさん。

大学の入学式での無言の贈る言葉は心に響くものかありました。

しかし、この状況は「どこかでみたな、なんかあるな」と思って電車で移動中に命式を見てみた次第です、はい。

基本の命式
Fotor_142844592306418

大運です
Fotor_142844609462598

宿命で目立つのは、まぁ東西に龍高があること。
くらいですかねぇ。先日も同じように東西に龍高を持つ方と知り合いましたが、知的好奇心で突っ走る、です。東は仕事、西は配偶者(そういう感じで癖のある人を好きになる)。

まぁ、それはそうと、つんくさんの場合、着目すべきは大運、10年運でしょう。

1991年から2010年の20年、運が大きくあがる形です。実力以上にあがる、とも言われます。大運天中殺が、本来の時期とはずれて現れる形ですねぇ。

運気はあがるんですが、後に反動がくるんですよね。
例えば、上がりすぎた運気は本人のエネルギーを使いすぎ、結果的に体に出るとか、運の強さが元に戻るので今までと違って思い通りにならず、色々と踏み外すとか。一家離散なんて場合もあります。

シャ乱Qのデビューが1992年です。
この特殊な運気を生かすには、しゃにむに頑張る、とか、に、そういった要素も必要です。努力と運気との相乗効果。でも、体を本来の強さ以上に酷使しちゃっていたみたいです。

これからは、生き方を変えて、戌亥さんなので恐らくは心の世界を学びながら、まわりにもかわいがられて行くのかな、と思います。

生声はきけませんが(本人としては、それは複雑な思いでしょうけれど)、生きていれば家族とのつながりや、まだまだたのしめることもあるでしょうから、元気で居てほしいです。

ちなみに、冒頭にかいた「どっかでみたな」ですが、わかります??

同じ運気をたどったミュージシャン。
小室哲哉さんです。

wendows

One Comment

  1. 算命学を勉強中で、いつも有り難く拝読させて頂いております。実は少し気になりまして….ご返答頂けましたら、幸いです。

    大運天中殺がずれるとのお話ですが、どのような話ですか?よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA